ですよ。

自分は「。」が好きだ。

 

いや、嘘だ。別に好きというわけではないが、LINEもTwitterもその他諸々のSNSに関しても、自分の表示名の最後に「。」をつけるのが癖になっている。

 

これは決して「モーニング娘。」が好きだからとか、「ですよ。」に憧れているからとかではなく、ただ単に「。」が付くことで何となく可愛くなるからだ。

また、「。」を付けることでどこか他人との差別化を図り、特別な自分を演出しているのかもしれない。

 

今、「モーニング娘。」「ですよ。」を例に挙げたが、そう考えてみると芸名に何かしらの記号が入っている芸能人というのは非常に多い。 

 

f:id:GA_16:20210115065336j:plain

有名なところで言うと、「藤岡弘、」がいる。

 

藤岡弘、」は、俳優、武道家、歌手など、マルチに活躍するタレントで、1971年から1973年にかけて放送された特撮テレビドラマ『仮面ライダー』で主演を務め一躍人気となった昭和の大スターである。

 

この記事を書いていて気付いたのは、名前に「、」や「。」を付けられるとなんかめちゃくちゃ見づらくなってしまうため、カギ括弧が欠かせないと言うことだ。これに関しては自分自身、少しイライラしている。多分、芸能系の記事を書いている人は共感してくれるはずだ。そんなリスクを冒してまで名前に記号を入れると言うことはそれなりの理由があるはずだ。いや、無かったら許さない。

 

名前に読点を付けた理由に関しては、2016年3月8日、本人が出演した「スタジオパークからこんにちは」で次のように語っている。

「我未だ完成せず」

「『。』だと終わってしまうが、『、』だと続く。」 

「これからも精進し続けようという意味」

めちゃくちゃ深い意味が込められているようだ。

 

藤岡弘、」の考え方で言うと、名前に「。」を付けている自分は、成長する気が無い愚か者に思えてきてしまう。恥ずかしい。穴があったら「ですよ。」と一緒に入りたい気分である。

 

しかし、正直ここまで深い意味があって芸名に記号を使っている人はそう多くはない。

 

実際、「ダイアモンド✡ユカイ」はただ単にインパクトがあるからと言う理由で「✡」を付けていると明言しているし、「ですよ。」も多分テキトーに付けたのだろう。「ですよ。」に関しては何のソースもないが、「ですよ。」を検索するほど暇ではないのでテキトーに付けたと決めつけることにする。あーいとぅいまてーん。

 

あと、これはめちゃくちゃどーでも良いが、自分は「ダイアモンド」より「ダイヤモンド」派なので、早く「ダイヤモンド✡ユカイ」に改名してほしいと思っている。

 

f:id:GA_16:20210115080527j:plain

 

また、最初に「モーニング娘。」を例に挙げたが、「モーニング娘。」のプロデューサーである「つんく♂」も記号付き芸能人の一人である。

 

つんく♂」は、音楽家、作詞家、作曲家、実業家で、総合エンターテインメント事務所TNX株式会社の代表取締役社長であり、1992年にロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビュー後、モーニング娘。及びハロー!プロジェクトの総合プロデュースを務め、以降音楽プロデューサーとしても活動しているという、いわゆる凄い人である。

 

 「つんく♂」は「♂」というマークを芸名に付けているが、このマークが表すのはご存じの通り「オス」だ。また、「♂」は火星を表す占星術記号でもあるが、「つんく♂」が火星人でもない限り、このマークは「オス」という意味で付けていると考えて問題ないだろう。

 

しかし、中性的な顔であるとはいえ、わざわざ「♂」をつけなければならないほど女性に見えるわけでもない。実際、中性的な顔の芸能人はたくさんいるが、「♂」を付けている人なんて見たことがない。強いて言うなら「ニドラン♂」くらいである。

 

そう考えていくと、「つんく♂の奥さんはつんく♀なのだろうか」「つんく♂タマゴグループは何なのだろうか」「つんく♂はめちゃくちゃ凄い人で、もはや伝説のポケモンみたいなものだから『つんく』でいいのではないか」など、様々な疑問が浮かび上がってくる。

 

理由は単純であった。

 

「ゲイ疑惑を否定するため」 

 

「♂」が付くことでむしろ、ゲイ感が増したと感じるのは自分だけだろうか。

 

自分はつんく♂がボーカルを務めるグループ、「シャ乱Q」の「シングルベッド」という楽曲が大好きで、つんく♂も好きであるためあまり否定はしたくないが、「♂」を付けたのは失敗であると思われる。ゲイ疑惑を否定するとしたら、今すぐにでも無くした方が良い。

 

恋は石ころよりも あふれてると思ってた

なのにダイヤモンドより 見つけられない

 

これは「シングルベッド」の一節で、自分が大好きな歌詞である。

 

これは男女の恋愛の歌として長年愛されてきたが、これがゲイの歌になるとなんか色々と見方が変わってきてしまうので、「つんく♂」はゲイではないと信じている。というより信じたい。(※性の多様性を否定しているわけではない)

 

あと、これはめちゃくちゃどーでも良いが、自分は「ダイアモンド」より「ダイヤモンド」派なので、この歌詞がめちゃくちゃ好きなのだ。

 

「ダイアモンド」と「ダイヤモンド」について、安っぽい伏線回収が出来て満足なので、そろそろ終わりにしたいと思う。

 

つまり、今回は「芸能人の名前に入ってる記号、気にしてなかったけど意外と深い意味あるんじゃね?まあ、知らんけど。」っていう話でした。